印鑑の使い方知ってますか?やたらといろんなのに押してませんか?印鑑について調べてみましょう!
   
 

象牙は朱肉付きの良さは格別で捺印性に優れ美しい印影を残し、耐久性にも優れた変形や磨耗のしにくい特徴があります。
長年使うほど手になじみ、象牙特有の美しい光沢が出てくる高級感あふれる印材です。
つまり長年使っても狂いが無く、一生安心してお使いになれる最高の印材です。
象牙は木の年輪と同じように木目があり、中心部に向かうほど目が細かく揃っていて良質な素材です。本象牙最高級品は、象牙の中心部の目の細かいところを採取して加工した印材です。見た目が非常に美しく、しかも丈夫で長持ちする印材です。

オランダ水牛は、白っぽい飴色をした美しい印材です。
美的感覚に優れ、彫刻しやすい品質です。
特に弾力性に優れ、印材としては角の芯の部分が良質の素材です。
ただ、オランダ水牛の角は乾燥に弱く、長年経過すると乾燥のため印面が凹んでくる性質がありますので保管に気をつけましょう。

黒水牛は東南アジアに生息する水牛の角を印材に加工したものです。
黒水牛は硬度と粘りを兼ね備えており耐久性に優れています。
オランダ水牛と同じく、印材としては角の芯の部分が良質の素材です。はんこ以外にもボタン、包丁の柄、料理ばしとして利用されることもあり、アクセサリーとしても愛用されています。黒水牛は乾燥に弱く、乾燥のためヒビ割れする場合が有ります。 そのため、油等を塗ってお手入れと保管に充分ご注意願います。

柘植は植物性の印材として古くから使われてきたものです。
木材の中では印材に適しており、価格的にも安価で人気のある印材です。
緻密で硬く、見た目も美しい印材です。
柘植は朱肉の油分が染み込むと印鑑の枠等がもろくなってきます。 そのため、柘植の印材は枠が欠けやすい性質があります。


チタン印鑑とは、錆びにくく、熱にも強い超金属、チタン製の印鑑です。
従来の印鑑の欠点だった、「欠ける」・「摩耗する」ということがなく、 半永久的に同じ印影を保つことのできる、まさに「一生モノ」として最適な印鑑、 それがチタン印鑑です。
また、表面が滑らかで、朱肉のノリも均一。 捺印時の「曲がり」がなく、印面がピタリ、と紙面に密着します。 朱肉離れもよく、チタン印鑑ならではの、より鮮明で美しい印影を残すことができます。
チタン印鑑はこのように、鮮明で美しい印影を半永久的に保つことのできる、「印鑑の理想形」と呼ぶにふさわしい印鑑なのです。

pickup

【最新版】失敗しない千葉医療脱毛口コミランキング!

2018/3/2 更新