印鑑の使い方知ってますか?やたらといろんなのに押してませんか?印鑑について調べてみましょう!
   
 
書体について

吉相体(きっそうたい)
篆書体から進化させた書体で印相体や八方篆書体とも呼ばれ、開運印相としてもよく用いられます。歴史的にはまだ浅く、近年開発された書体です。

篆書体(てんしょたい)
元々中国から伝わってきた印章にとって、4000年近い歴史を持つ漢字の元である「甲骨文字」から「金文」、「大篆」と派生し、そして「大篆」ではまだ字画が複雑で書くのには不便であったので、秦の始皇帝の命により改良され「小篆」が作成されました。
その「小篆」が、印章では一般的に「篆書体」といって用いられている書体であります。 日本銀行発行のお札に押されている印鑑もにも用いられている書体です。

古印体(こいんたい)
日本の古来から印章に使われている書体で「隷書」から変化した書体です。読みやすい印影のはんこ、という方に勧めております。

隷書体(れいしょたい)
中国、秦の時代、篆書体は複雑で書きにくいために、より早く書くために字画を簡略化し、横長のはねに特徴を出します。漢の時代には正式に普及したそうです。

行書体(ぎょうしょたい)
楷書の複雑さを解消し、草書の難解さをなくすため生まれた中庸的な書体。製紙の発達で急速に広まりました。

楷書体(かいしょたい)
隷書をさらに書写に合うように改変する中で草書が生まれ、その対置である正書として楷書が生まれた。




実印の書体選びの
実印の書体としては篆書体(太篆書)が最も多く使われます。特にこだわりが無ければ篆書体がお勧めです。

銀行印・認印の書体選びアドバイス
基本的には個人の好みですが、認印は読み易く大きく文字が入る「古印体」が多く使われます。
銀行印は既製品に無い「篆書体」で作る方が多い様です。


Favorite

米国株取引

最終更新日:2018/3/6