印鑑の使い方知ってますか?やたらといろんなのに押してませんか?印鑑について調べてみましょう!
   
 
印鑑には種類があり。
押印する書類・文書等によって、印鑑の果たす役割も違う。
押印するということは非常に重要なことなので、いたずらに押してはダメ。

個人編
実印
実印とは、1人1個に限って、市区町村にその印鑑を登録しておき、必要に応じ、印鑑証明の交付を受けられるようにしている印のこと。
印鑑証明書の発行を受けられるのは、本人またはその代理人だけである。

銀行印
銀行印は、預金の出金、小切手・手形の発行等といった銀行取引の際に使用される。銀行に届けておく印鑑。実印と同様に、あなたの財産をしっかり守る、大切な印鑑です。
まれに、銀行印と代表者印とを同じものにする会社もあるが、リスク管理の意味からも、それぞれ別の印鑑にするべきである。

認印
認め印は、個人的に郵便小包や宅急便を受け取ったり、公的な証書を請求する時などに使用する印鑑です。日常生活において最も使用頻度の高い印鑑です。実印でないすべての印鑑を指す。従って、市町村や法務局に届出がない印鑑は、すべて認め印ということになる。通常は、重要性の少ない書類や形式的に押す場合が多いが、書類の内容をしっかり確認して押印することが重要である。

訂正印
訂正印とは、文書の字句を訂正したときに、その訂正が権限のあるものによって正当に行われたことを明確にするために押印する印鑑のことです。

会社編
代表者印
会社の実印とは“代表者印”とも言い、本店所在地の法務局へ届け出て使用する会社の実印です。会社の実印は登録法にその規定がないため、何でもよいと思われる傾向にありますが、個人の実印以上に重要な役割を持っているものですから犯罪防止の観点からも、役職名と会社名を彫刻したものを登録するようお勧めします。

銀行印
会社の銀行印とは会社(個人事業の場合は個人)が銀行へ届け出て使用する会社の銀行印です。手形や小切手を振り出すときに使います。

役職印
役職印とは『代表取締役印』『支店長印』『部長之印』などの役職名が入った印鑑をいいます。社内文書などに使う役職印として、さまざまな場面に幅広く、ご利用いただけます。

角印
角印とは会社名、組合、商店など団体名称を示す印で、四角形の中に会社名、団体名、屋号などを彫刻します。契約書・請求書・領収書などに用い、登録の義務はなく、言わば“会社の認印”ですが、角印はその法人の信用度の点で重要なものです。官公印や官公職印には定められた規格があり、例えば官職印では、部長30mm角、課長23mm角、公職印では、部長23mm角、課長21mm角です。一般の会社角印には大きさの規定はありませんが、21mm角、24mm角が主流です。

趣味編
落款印
落款印とは主に引首印、姓名印、雅号印などの総称で、書・絵画・蔵書・手紙・魚拓など、その用途は幅広く、署名をした後に自分の作品であることを証明する“しるし”として落款印を捺印し、作品が完成したことを示すと共に作品を引き立たせます。印材は巴林石・寿山石・青田石などの天然石や柘を使用します。規定はありませんが、作品の大きさによって落款印の大きさも使い分けます。

蔵書印
蔵書印とは、書物の所蔵を明らかにするために蔵書に押した印影です。落款印を押しても良し、または『○○蔵書』と入れて蔵書専用と使い分けても良いでしょう。

recommend

口コミで評判!銀座エリアでおすすめの医療脱毛クリニック徹底比較

2018/2/2 更新